健康食品でc型肝炎を予防|肝炎を防いで大変回避

サプリメント

c型肝炎とは

c型肝炎の多くは初期症状が極めて軽いため、見のがしやすくなっています。そのため感染していることがわからずキャリアになっている人や、病気の進行もゆっくりなため、気づいたら重症になっていたということもあります。

Read More

患者が多いc型肝炎

c型肝炎は、血液感染によって発症する病気です。そのまま放置すると、肝硬変、がんへと発展します。昨今では、特効薬としてソバルディが開発されました。この薬は、体内のウィルスを消滅させる働きがあります。

Read More

患者の増加

c型肝炎とは何か

c型肝炎は、日本人の患者数が多いことで知られています。このC型肝炎とは、簡単に言うと、C型肝炎ウイルスの感染で起こる肝臓の病気です。ウィルスに感染すると、まずは肝臓の炎症が起こり肝臓の働きが悪くなります。そのまま放置すると、肝硬変、肝がんと進行する場合があります。c型肝炎にかかる原因は、血液感染によるものです。たとえば、病院での輸血、注射、入れ墨、性行為などから感染します。現在C型肝炎に感染している多くの人は、1988年以前に輸血を受けた人です。というのも、その当時はc型肝炎についても知識がとのしく、病院での対策が確立していなかったからです。このc型肝炎が恐ろしいのは、初期の段階で自覚症状がないことです。気づいた時には、病気が進行しています。なので、なんらかの異常を感じたら、そのままにするのではなくすぐに病院で診断することが大事です。それによって早期発見や早期治療をすることが出来ます。

効果的とされる治療

病院では、c型肝炎の治療としてインターフェロンという薬を処方しています。これは、C型肝炎ウイルスを体から排除する効果のある薬です。インターフェロンをこまめに飲むことで、肝臓がんなどに重篤化することを防ぐことができます。そもそもインターフェロンは体内で作られる物質ですが、治療に際しては副作用が出る恐れもある薬です。そのため、服用前には医師としっかりと相談することが大切です。体調回復のためにも、副作用にも考慮しながら飲み進めていきましょう。

日本人に多いc型肝炎

c型肝炎は、血液感染によって発症する病気です。初期の段階では全く自覚症状がないので、気づいたら重篤化している傾向にあります。c型肝炎の治療方法としては、インターフェロンでの治療が有効です。

Read More

おすすめ関連サイト集

  • 通いやすさで選ぶ人工透析クリニック

    人工透析のクリニックを東京で探している方は、こちらを見てみましょう。通いやすいことを重視して、おすすめのところをいくつか紹介しています。